「10点」という採点は滅多に出るものではない。事実、我々が最後に10点を付けたのは、1999年のソウル・キャリバーだ。10点というのは、このゲームがパーフェクトである、という意味ではない。このゲームが限界に挑戦し、ジャンルの幅を広げ、競争相手の遥か先に行っていて、あらゆる欠点を覆い隠している、という意味なのだ。
(Reblogged from petapeta)
落合はバットの保管にことの他、気を遣った。ジュラルミンのケースに乾燥剤を入れて、湿気を防いでいたこともその一例といってもいいだろう。一見、豪放磊落(ごうほうらいらく)のように見える落合だが、自らの道具へのこだわりは並じゃなかった。そこにプロフェッショナルの気概が垣間見えた。
 再び担当者。「実はバットのコンディションを維持するというものも大切な技術の一つなんです。梅雨時には通常より30グラム以上、重くなってしまうこともあるくらいですから。だから梅雨時、若い人がバットを放り出したりしているのを見ると、心配になる反面、ガッカリしてしまいますね」仮に910グラムと思って振っているバットが、気づかないうちに940グラムになっていたとしたら重く感じるのは当たり前だろう。バットが水をふくんで重くなっていることなどつゆ知らず、ついフォームをいじったり、体力が落ちたと錯覚して意味のないトレーニングにすがり、余計にスランプの迷路にはまり込むことになる。この悪循環の中でもがき苦しんでいるバッターが、必ずどこのチームにも一人か二人はいるという。タイ・カップは、バットは「魔法の武器」と称えたが、一歩使い方を誤ると「自虐の武器」に覆してしまうものである。その意味では非常に厄介な存在なのだ。落合のようにまるで危険物にでも接するかのごとく丁重に取り扱ってちょうどいいのかもしれない。
(Reblogged from petapeta)
ちなみに『信長の野望 DS2』の千利休は定期的に領国に現れて「茶のお手並みを拝見したい」と抜かして決して安くない茶会の開催を要求する上、茶器がなかったりレベルが低かったりすると小バカにするのでウザいことこの上ありません。しかも宗匠に DIS られると「家臣は皆恥を忍んでいます」と言われて国中の武将の忠誠度が下がるというおまけつき。そりゃ僕らだってあてつけに山上宗二の鼻と耳を削いだ生首を届けたくもなりますよ。
(Reblogged from hkdmz)

お偉いさん「データ移動にUSBメモリを使うのは、ウイルス混入の危険があるからNG。でもCD-Rに焼くならいいよ。」
自分「何が違うんですか?」
お偉いさん「焼いたらウイルスも死ぬでしょ。」
自分「ほう」

_人人人人_
> 初耳 <
 ̄Y^Y^Y ̄

(Reblogged from hkdmz)
荒木飛呂彦はインタビューで、『ジョジョの奇妙な冒険』を描く上のルールとして「悪と善は和解させない」「悪を善に改心させない」「悪に同情を誘うエピソードを添えない」といった事柄を挙げていた。
(Reblogged from donga-donga)
(Reblogged from donga-donga)
(Reblogged from arigamin)

(Source: lolgifs.net)

(Reblogged from zenigata)
(Reblogged from zenigata)
(Reblogged from royz-mx)
harapun:

2chan.net [ExRare]

harapun:

2chan.net [ExRare]

(Reblogged from hkdmz)
(Reblogged from hkdmz)

parsley-f:

縛らなきゃ(使命感)

(Reblogged from parsley-f)
(Reblogged from weekendneverdies)